2014年06月17日

KICADのGNDビア、GNDパッドの新しい作り方 KICADによる電子回路設計2

グラウンドビア(GNDビア、パッド、パッチ)の新しい作り方を紹介する。
KICADの「WIKIの過去の質問」
http://wiki.kicad.jp/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AB%E5%87%BA%E3%81%9F%E8%B3%AA%E5%95%8F)によれば、
「多層基板において,
GNDへの電流リターン経路を確保するためといった理由であける,層間のGNDを接続するビアですが,
右図のようにGND端子から配線を伸ばし,
「V」でビアを好きなだけ打った後,ダブルクリックで配線を終了します.」とあります。
つまり、配線を表面、裏面交互に打ち、ビアをつけるというものです。
トランジスタ技術2013年5月号にも同旨の記載があります。
しかし、そんな面倒なことはやっていられないし、配線の干渉もあります。

私の方法は、以下の通りです。
つまり、
@パッチ単体を、フットプリント(基板エディタから開くモジュール)として、
 ライブラリ登録し、
Aパッドのプロパティ(パッドを右クリック)において
パッドのネット名」を、グラウンドの名称「GND」や「AGND」等にする、
ということです(最下欄に注意書)。

cir7.jpg

cir10.jpg

このように登録して、基板エディタ上に、このモジュールをばらまくと、
全く配線していないけれども、勝手に表面と裏面を貫通して、接続してくれます。
下の青枠内のとおり、サーマル十字が形成されていることから、
ゾーンの塗りつぶしにおいて、自動的にグラウンドと接続されているのがわかります。
cir9.jpg
なお、サーマルを削除するには、GND全体に対し、ゾーンの設定で、行います。

以下の通り、まったく接続していません。
cir8.jpg

Bここで、Aでは、単にパッチを作り、「GND」と記載すると、
なぜか、エラーが出て設定できない。
そこで、ライブラリ内の他のモジュールを加工して、行います。
posted by やまちゃん at 01:35| Comment(0) | EAGLE、KICADによる電子回路設計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。